« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月29日 (日)

おねぼうなじゃがいもさん

昨日は2週間ぶりのサークルでした。

133729012006

ささいなことでケンカしたにんじんさんとジャガイモさん

13372901200600

ある日 たまねぎさんから 「大きくなったから青物市場へ行く」

と聞いたにんじんさんはお見送りにいくことになった。

ケンカ中の ジャガイモさんをさそわず 一人でいこうかとおもったがやっぱりそんなことできずに

133829012006

 結局お迎えに・・・いくら起こしてもぜんぜん起きないジャガイモさん

にんじんさんは ぷんぷんおこりながら だんだん顔がまっかに・・

ジャガイモさんは 何度も転んで 頭がでこぼこ

一方たまねぎさんは二人がなかなかこないので不安で顔が黄色くなって待っている。

13382901200600

駅へついても まだ寝ぼけているジャガイモさん

けっきょく 列車は青物市場へ出発してしまった。

(たまねぎさんが どうしても ちびまるこに登場する永沢君に見えるのは

私だけでしょうか?)

133929012006

そういう理由でにんじんさんとジャガイモさんとたまねぎさんは

いつもいっしょにお料理されるようになったと・・・

それぞれの特徴の由来が面白おかしく語られたお話でした。

の お話 子供たち いつも以上に静かに集中して見入ってました。

きもかわいいこの絵のせいでしょうか? 

実は この紙芝居 大正末期から中日戦争の頃 当時発行されていた「子供之友」などに

ユニークな幼年童話や童謡を書いていた村山籌子 とその夫で画家 村山知義の作品です。

うちに 村山籌子作品集 1巻 「リボンときつねとゴムまりと月」という本があります。 

大正ロマンあふれる絵に引かれて買いまいした。 お話もとても明るく楽天的で

ユーモアにあるれています。 大人が喜びそうな絵本です。

今の 子供たちに 受け入れられるかちょっと不安でしたが すぐれた作品は 

いつの時代も子供を魅了するのですね。 感動!! 

この日のサークルも 充実したものでした。 

前回にひき続き 地図をがんばる子  ハサミのお仕事で泣いてた子も ずいぶん 上手になっていました。

難易度もあがり 不安になると 「ここはどうしたらいい?」 てたずねてくれました。

これからも 子供たちのサポートができるように がんばりたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

山登り

年末からずっと忙しかったのですが 

今週の仕事は予定より早くさばけたので 今日は 会社のみんなで山登り

三日月山(272m)子供でも登れる山です。 みんなスタコラサッサと登ってました

途中 啄木鳥が木をコンコンとつつく音を聞きながら

私は 少し遅れてどうにか山頂へ・・・ 2年ぶりの三日月山です。 

top頂上で飲むコーヒーはなかなかおつなものです。

これが三日月山の頂上です。 あちらに見えるのが立花山 

若いスタッフは ショートカットしながら 一気に下山 

かなり遅れて私ともう一人は順路を下って無事到着

帰りに コストコでの大量にお肉を購入して みんなで遅ればせながらの新年会バーべキュー

明日から またお仕事がんばるぞ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

白髪染め

白髪が目立ち始めて数年・・

美容室でヘアカラーをしていましたが やはり 成分が体によい訳ないですよね。

それで この一年ほどぜんぜんカラーをしなかったのですが

迫りくる白髪軍の侵略を抑えることは不可能です。

そこで へナに挑戦してみました。 へナもいろいろとあるみたいで 

やはり100%のナチュラルへナがいいのではないかと思いネットで見つけて即注文。

213325012006 本日届いたので さっそく試してみました。 

へナパウダーをぬるま湯で溶き 髪へ塗布します。

お抹茶のような緑の粉末 

100%だけあって 匂いが・・・ 枯れ草のような微妙な香り

でも 別に耐えられないものではありません。

つんとする 薬品の匂いよりはずっと 安心な匂いです。

ラップで巻いて 30分~40分放置 ドライヤーで熱を加えるといいらしいです。

お風呂で洗い流して おしまい。

おもったより ずーっと簡単でした。トリートメント効果も感じられたし  白髪も目立たなくなりました。

ナチュラルブラウン色だったので 黒髪はワントーン暗くなったようないい感じです。

私はショートなので 一箱で3回使えそう!! コスト的には かなりお得です。 

白髪がなくなることはないから これからずーっとお付き合いが続きそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

サークル初め

今年もサークルが始まりました。

ちょっと事情があって場所が変わり お部屋の準備など不便になりましたが

子供たちは そんなことは気にしないって感じでよかったぁ

これって やっぱり みんながちゃんと成長してるってことだなぁ とシミジミしちゃいました。

昨年末からはじめた地図のお仕事にも とても意欲的にとりくんでて 大人の出る幕無し。

だって 自分たちで楽しみながら どんどん進んでいくんですよ。

「うわー アジアって いーっぱい 国があるー」ってとってもびっくりしてました。 

202919012006 地図に国名をさしながら 位置と名前を覚えるんです。

カタカナも読めるし さすが年長さんです。

「せんせーい これまちがってるよー だってちゅうごくのこと

 ちゅうかじんみんきょうわこくってかいてあるもん」

ほんとうの名称を知ってちょっと 驚いてました。

「らーむ らーむ・・・ らーむってどこだ?」

「それはね ブルネイダルサラームのことなんだよ」

あんまり 長い名前だから 自分で区切っちゃいました。まるで マーガリンのような・・・あっ ラーマでした。

ベトナム・ラオス・カンボジア こんなに いっぱいじゃあ させないんだけど・・・」

なんて 楽しい会話がいっぱいです。 

新しいお仕事に挑戦してみて 思ったとおりにいかず悔しくて悲しくて

ないちゃった子もいたけど  大丈夫だよ!

チャレンジ精神は大事だし 悔しいって思う気持ちが成長に必要な大切なものだと思いす。

そんな時 ちゃんと お母さんがサポートしてくれて・・・ きっと この次は もっとうまくできるよ!

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

トムとジェリー

トムとジェリーは 大きく分けて この3期に分けられるそうです。

第一期(1940年~1958年)
演出:ウィリアム・ハナ(William Hanna) & ジョゼフ・バーベラ(Joseph Barbera)
プロデューサー:フレッド・クインビー(Fred Quimby)

第二期(1960年~1962年)
演出:ジーン・ダイチ(Gene Deitch)
プロデューサー:ウィリアム・スナイダー(William L. Snyder)

第三期(1963年~1967年)
演出:チャック・ジョーンズ(Chuck Jones)他
プロデューサー:チャック・ジョーンズ(Chuck Jones)

私は テレビの再放送を見て育ったので 時代がごちゃ混ぜで 絵のタッチもいろいろでした。

大人になって 第二次世界大戦中にも多くの作品が作られたのを知って驚きました。

だって 進め一億火の玉 と叫び 多くの人が食料不足にあえぎ 若者は特攻隊として玉砕してたころに

鬼畜米英はこんな ユーモアのある質の高いアニメーションを作りかつ見る余裕があったんですよ

そんな戦争したんですから 負けるのは当然ですね。 それはさておき

私のお気に入りは やはり 第1期ですね

2匹のドタバタ騒ぎも大好きですが、 画面の中にある夢のような世界に釘付けでした。

大きな冷蔵庫の中にはご馳走やデザート 大きな家 広い芝生の庭・・ 

脇をかためる サブキャラクターたちも忘れてはいけません。

腹ペコブッチ、 ブルおじさん、ニブルス、 めっぽう強いジェリーの従兄弟

ねずみ嫌いのトムの従兄弟ジョージ、 かわいこちゃん猫 などなど・・ 

初期の頃は トムの毛がふさふさしてて まだ2足歩行ではなかったんですよ

pic10 このころの タッチが一番好きですね。

このあと ラインがとてもシンプルになりトムの青さが増し

背景が簡略化され(手抜き) 夢の世界が崩壊寸前で

第二期を経て(まだ ゆるせる) あの チャック・ジョーンズにかわって

私の中の トムとジェリーが事実上の終わりを迎えたのです。

音声のほうは 日本語吹き替えを見てそだったので LDやDVDの日本語にはどうもなじめません。

当時はかってに せりふを付け加えたり ナレーションをつけたりしてありました。

「おやおや トムさん そんなことして・・しーらない」なんて やさしいおじさんの声でした。

いまでは 英語で見るようにしてます。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

やっと わかったー

娘が生まれ NHKのおかあさんといっしょを見るようになった頃

自分が幼かった頃の「おかあさんといっしょ」を思い出して 

にこにこぷんの じゃじゃまる ぴっころ ぽろりが なんだか 夢がないような気がしてた。

それって ただ 自分が大人になっただけだったんでしょうか? 娘自身はとても楽しんでいたから・・・

たぶん 私が幼稚園のころの「おかあさんといっしょ」は これだったと思います。

知っているという人は 多分 今は 確実に40歳以上ですね (o^-')b

ageo432 ブーフーウーは食器やお弁当箱など ずいぶん長いこと母が

保管してくれていたので よく覚えていたんだけど・・・ 

(もしかしたら 今もあるかもしれない)

絶対 今どきの キャラクターより かわいいですよね。

たぶん 同じころの番組で どうしても思い出せないものがあったんです。

お人形のウサギを汽車にのせて 列車が走り出しトンネルをぬけると

おとぎの世界へ・・ そこで ウサギたちは動き出し、お話がすすんでいく

時間がくると汽車にのり 戻ってきたら また ただのお人形にもどている・・・そんなお話

主人に聞いても知らないし・・ すごーく好きだったんですよね! やっと わかりました。

じゃーん ダットくん でした。 (正直いってそんな名前だったっけ???って感じです)

n2012 1967~1969年に放映されたらしいから

たぶん 主人はもう小学生で こんな幼稚な番組なんかかっこ悪くて

見ない わんぱく坊主だったんでしょう 知らないはずです。

そんな 主人と話があうのは 「トムとジェリー」です。

これは 我が家のバイブル的存在です。 ビデオを撮りだめしたり レーザーディスク(もう骨董品)の

5枚組BOXを買ったり・・・・  なんどみても 飽きないのですよね。

DVDが発売されているので 少しずつ 買い揃えてます。  トムとジェリーについては また

改めて 熱く語りたいと思います。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

里見八犬伝

きのう 「里見八犬伝」を見た・・ これは その昔 まだ私が小学生だったころのこと

screen_h04 毎日15分間のNHK人形劇  なにより楽しみにしていたのです。 

といっても ところどころしか覚えていなかったけど・・ 印象的だったのは

主題歌の 「♪いざとなったら 玉をだせ・・・ ♪」 メロディーも覚えてる

「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」 玉の名前は すぐに言えるし

それから おどろおどろしく 登場していた玉梓が怨霊・・・ さもしい浪人 網乾 左母二郎 

辻村ジュサブロウさんのお人形は 芸術的レベルのたかいもので

子供だからこそ 与えたい 本物だったと思います。

日本にもこんなすばらしいファンタジーがあったんだなぁ 

滝沢馬琴さん あんたは すごい!! これって 「指輪物語」に匹敵するような・・・ ってちょっと違うかな?

お姉ちゃんが 子供のころに ぜひ見せたいと思っていたけど ビデオなんてなかったし

調べてわかったんだけど 当時のNHKの事情で 保存されていないらしい なんて事なんでしょう!!

でぇーー  テレビの方はあまり 期待はしていなかったものの  正直 がっかりです。

菅野ちゃん演ずる 玉梓は微妙・・・・お話もずいぶんちがっているような

それも仕方ないのかな もともと すごく長いお話だから・・・  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

運だめし

今日は 朝から主人と二人で天神へ 福袋を買って「よかったー」って事が一度もないので

今年は買いませんでした! 

いろいろ お店を覗いてまわって お姉ちゃんのお洋服を買いました。

131102012006  いつも行列ができているんだけど 今日も

並んで このお店でお昼を食べた。

天丼がとてもおいしいのです。 夫婦そろって20年以上のファンです。

お腹もいっぱいになって また 人ごみの中へ・・・ 流されるように移動しながら

たどり着いた フランフランで かわいいものを発見!

sonny Sonny angel というお人形

動物かぶりものキューピーさんです。

中身は開けてからのお楽しみ!

カエルと おサルがすっごいかわいいから 

「カエルー」と祈りつつ 運試しに買ったら

なんと 象・・・・ がっかり・・・ で悔しいので もう一個買いました。

163102012006今度は コアラ ちょうどお姉ちゃんがいる国だし なんとなく 納得 

小吉みたいなもんかな?

我が家の運試しは こんなもんでした。

でも よく見ると かわいいでしょ。

裸はかわいそうなので なんか 簡単なお洋服でも作ろうかなって考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

昨年は 地震や鉄道事故 耐震偽装問題 幼い子供が犠牲となる事件・・

などなど 数え切れないほどの不幸な出来事がありました。

私的な出来事では お姉ちゃんの留学・ビディの緊急手術・ヘルニア・パソコンぶっ壊れ事件

M-1グランプリで笑い飯が優勝できなかった事 など 重大なことから瑣末な事まで

いろいろあった一年でした。 

今年こそは 家族みんなが健康で ささやかな喜びに感謝する日常生活がおくれますように・・・ 

13213112200500

132131122005  そういう意味を込めた 我が家のお正月飾りです。

家族の干支を飾りました。

かまぼこと 伊達巻は おまけ!

ビディは 午年です。午年の飾りを探さなくっちゃ・・・

みなさんに とっても すばらいい一年となりますようお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »