« 我が家のお取り寄せ | トップページ | 親業 »

2006年7月21日 (金)

第2話

さぁ 狩だ!といっても そう簡単に獲物はみつかりません。

しばらく森をさまよった末 ようやく おいしそうなコアラの親子を見つけました

「しめしめ うまそうだぞ」 物陰に隠れてチャンスを伺う肉食カンガルー

ガオー  いきなり現れた肉食カンガルーのあまりの恐ろしさに

コアラは身動きができませんでした。

Gao_2

覚悟を決めた 母コアラは

「わたしは 食べられてもかまいません

でも この子だけは 助けてください。」

背中の子をかばうように カンガルーに

懇願しますが、 久しぶりの獲物です。

はらぺこ肉食カンガルーがそんな

願いを聞くとは思えません。

このまま カンガルーの飢えをみたすだけの

悲しい運命が待っているのです。   続く・・・・・

|

« 我が家のお取り寄せ | トップページ | 親業 »

コメント

chiyomiさんへ
いやー まったく想像力がないですね わ・た・し
罠かぁ・・考えつきませんでした。 なんか こうやってお話書いてるって
知らず知らずのうちに 自分をさらけだしてるのかもしれませんね。


サッコリーさんへ
大人向けのお話です。 とても 子供に話せませんね
今後の展開がどうなるか・・・・ 思案中です。


投稿: ビディの母 | 2006年7月23日 (日) 15時43分

すごい!もう第2話が出来たんですね。
やっぱり肉食カンガルー怖いです。
これって子供向けではないんですか?
でもおもしろいから大人向けでもいいです。
また楽しみにしてます。

投稿: サッコリー | 2006年7月22日 (土) 22時56分

ものぐさそうな母さんは、穴に獲物がおちるのを待つか、蔓かなんかをロープ代わりにしてそれに獲物が引っかかるのを寝て待つか・・・そちらの展開を想像しましたが、正統な狩に出ましたね。子供カンガルーもお腹の中でお母さんと同じかっこうをしています。こうして大人になるのですね。

投稿: chiyomi | 2006年7月22日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136039/10997590

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話:

« 我が家のお取り寄せ | トップページ | 親業 »