« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

過剰恐怖症・・・

近頃 お気に入りの 角田光代さんの本 図書館で 

あれこれ借りて読んでます。

「太陽と毒ぐも」のあとがきに こうありました。

世の中には不足恐怖症と過剰恐怖症がいる。

たとえば 私の母は不足恐怖症で、父は

過剰恐怖症だった。不足をなにより恐れている母は

毎晩たくさんのごはんを用意する。

たくさんの量、たくさんの品数。家族全員がおなか

いっぱい食べて、なおかつ余る。ということが

母を安心させるのだ。 しかしそれは同時に父を

恐怖させる。

食べ物が大量に余ることを父は嫌っていた。

余ったものを捨てることに畏れに近い罪悪感を

覚えている・・・・・・・・・

これを読んで ふと思い出した、 以前の職場の同僚が

不足恐怖症だったなぁ、 彼女は トイレットペーパーや

洗剤 など 日用品が大量に貯蔵されていないと恐怖を

感じると よく言ってたから・・  

残りが少なくなってきたら 必要に応じて買い足せばいい

じゃないかと私は思うんだけど。

そんな私が管理する うちの冷蔵庫は常に空っぽにちかいです。

そして 空っぽでもぜんぜん怖くないです。

コストコで大量に買い込んで冷蔵庫やフリーザーが

満タンになると いかにして無駄なく消費しようかと

考えるから どちらかというと過剰恐怖症かな?

実家の冷蔵庫はいつも満タンです・・・(笑) 

賞味期限が切れたまま冷蔵庫の中で

葬られるのを待つだけの食品も多い・・・・・

ただただ 冷蔵庫がいっぱいだと安心する母は

不足恐怖症かもしれないなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

とれるとれる

となりのとまとさんのブログで知った この洗剤

「とれるNO.1」 関西らしいネーミングでインパクトありすぎ

今日の夕方 届いたので さっそく あっちこっちに使ってみました。

合成洗剤とちがって自然成分なので 刺激臭もなく何の問題もありません。

一番 すごいと思ったのは 玄関ドアについて長年取れなかった

汚れがすっきり・・ あーこんなに白かったのねぇーーって感心しました。

スプレーを シュッ シュッ 少し時間をおいて あとは軽く雑巾でふき取るだけでした。

頑固な汚れはちょっとゴシゴシ・・ 

お試しセットを頼んだので もうすでに 残りすくないから これはリピート間違いなしです。

これから 年末へ向けて ガラスや照明器具の掃除にも役立ってくれそうだぁ

キレイになって 地球も守って 我が家のLOHASの味方です。

Dsc03202_1

そうそう ランドリークリーンリングのおかげで 水道代がずい分安くなりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

みかん狩り

今日は 楽しみにしていた子育てサークルのイベント

「みかん狩り」でした、 あいにく 小雨が降ったりやんだりでしたが

たくさん みかんを収穫できました、 小さな手でしっかりと・・

自分たちでお野菜を切って ママたちがカレーも作ってくれました。

おいしいカレーとみかん それと ちょっとした山登り?も

できてみんな大満足です。

Dsc031782

おいしそうなみかんを選んで丁寧にはさみでカット

Dsc031812 

ちゃんと 子どもにも届く高さの枝に

なっているので 大丈夫!

「ほらー とれたよー」

Dsc031922

お腹もいっぱいになって 遊びが始まり

カメラを向けると なぜか男の子は

戦闘モード・・・ ちっちゃくても 男なんだねぇ

それに 今どきの子どもたちは デジカメがあたりまえ

だから 撮ったらすぐに確認したがる・・・ 

自分のかっこいいポーズに思わずにんまり

そういうとこも 男だなぁ・・・ 

わざと 変な顔をして きゃっ きゃっと喜んだり・・

男の子がいない私には いつも 楽しい発見があります。

ママたち どうも ありがとう おいしい カレーでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

やっぱりみんな素敵な人!

皆さんから 楽しいコメントをたくさん戴くことができて

とっても うれしいです!! 

さて この 心理テストの結果ですが

一番初めに話しかけてくるのが一番合う異性のタイプ

そして 話しかけられた時の気持ちイコール 

彼・彼女といて自分が感じることだそうです。

みなさん  個性豊かで素敵な アニメキャラを選ばれて

それに 気持ちも 安堵感や優しさがある答えでうれしくなりました。

私は この エッセイを読みながらだったせいか、早く結果が知りたいし

おまけに アニメキャラで異性というのがぜんぜん思い浮かばず

パニック状態で ようやく出てきたのが セーラームーンにでてくる 

タキシード仮面 と ガッチャマンくらいでした 

そして タキシード仮面に「はじめまして よろしく」

かっこよく言われ 「はー よかったぁ・・ いい人で・・」 

と思ったのでした。

うちの 主人は かっこよくありません 

タキシード仮面様とは 程遠いです。 だから合わないのか??

いろいろ 喧嘩したりするけど 心の奥では あーよかった いい人で 

と思っている自分の深層心理がわかったような気がします。

ちなみに 角田さんは いろんなキャラを思いついたらしいのですが

声をかけて欲しいのは 藤堂先輩(エースをねらえ)だけど

所詮無理とあきらめ 一番に声をかけたのはペーター(アルプスの少女ハイジ)

だそうです。 

読み終わって ゆっくり考えると まー次から次に 出てくるのですよね

磯野カツオ 鬼太郎  ネズミ男 花輪くん(ちびまる子) アスベル(ナウシカ)

ボヤッキー(タイムボカンシリーズ) スナフキン(ムーミン) ホセ・メンドーサ(明日のジョー)

おばけのQ太郎 忍者はっとりくん パーマン・・・

でも 自分の答えが

スネ夫 に 「ラジコン かしてやんないから」と

いわれ 「うわー ケチで やな奴」 と思った。 じゃなくて ホントよかった!

それなら  まだ バカボンのパパに 「仲良くしないの反対なのだー」

といわれ「???でも なんとかやっていけるかも」のほうがいいかな?

そして おもしろがって うちの主人に同じ質問をしたら

じずかちゃん(ドラえもん)に「こんにちは」といわれ恥ずかしい!

という 答えでした、 なるほど 私のことを恥ずかしいと思っているのか

ふーんだ!!!

みなさんも ご主人や恋人に 聞いてみてはいかがでしょう?

どんな キャラが登場するか楽しみです。

タキシード仮面は ↓こんなキャラです。

Takisido

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

話しかけてくるのはだあれ?

先日から 角田光代さんの本を続けて3冊よみました。

思わずうなずいたり・・ 微妙な30代から40代の女心をうまく表現できていたりで

少し前に 読んだ 川上弘美さんの「蛇を踏む」「いとしい」が

どうも つかみどころなく 読むのに疲れてしまったせいか、 とても読みやすいお話しでした。

その 角田光代さんのエッセイ「恋をしよう 夢をみよう 旅に出よう」

のなかにあった 心理テスト これが とても 楽しかったので

ご紹介します。

あなたは 転校生です。先生に連れられて新しいクラスに行きました。

目の前のクラスメイトは全員あなたが知っているアニメのキャラクターです

(異性を想定してください。)

・そのなかで 一番最初に話しかけてくるのはだれ?

・なんといって話しかけてきた?

・それを聞いてあなたはどうおもった?

さぁ みなさん はどうですか?

結果は 私の 結果とともに ご紹介します。 うふふ・・ 

先日 覗いたSHOPに かわいいニットの帽子があったけど

値段をみてびっくり・・・ で 毛糸を買って自己流で編んじゃいました。

携帯カメラで撮ったので 色あいや質感が出てないのが残念ですが

自分では気に入ってます。

Cap

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

孫さん・・・

我が家の携帯は ソフトバンクモバイルです。

もともと ドコモだったのに どうしても この機種がいいと言い出した主人の

気まぐれで J-フォンに・・・ その後ヴォーダフォンとなり 

softbankへと・・ なんだかなぁ!と思いつつも 番号やメールアドレスが

変わると不便だし 家族割りなんかもあったりして そのままです。

所詮 電話と簡単なメールなので 料金プランで決めていたけど。

その プランも怪しい!! ¥0 には 

ちゃんと からくりがあるじゃないのよーーーー

義姉もsoftbankなので 先日からの 気になる話もゆっくりできるかと

おもったのに 新しい機種を買う事とか なんとかいろいろと条件がある

孫さん そんな商売じゃ 損しちゃうよーーーーー

予想外は 案外 孫さんじゃないのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

怪しい会議報告

きのう帰ってきた 主人から会議報告がありました・・・

直接 我が家に負担がかかるようなことは免れました。

両親は土地や家を処分して 老人介護マンションの資金にしようと

考えていたらしいのです。 

ただ 兄が、自分が帰ってきたいから家は置いといてほしいと

言ったらしく、資金等に関しては銀行マンである兄がどうにかするらしい・・・

そして 佐賀のお墓の世話も将来兄がすることも決まったたみたいです。

これで 我が家は 安心して自分たちの思うとおりできます。 ほっ!!

万事丸く収まったかのようですが 実は大きな落とし穴がありました。

それは 兄が姉に一切の相談もなく決めたということです。

姉は福岡へ戻ることを全く考えていません。 ありえないと言ってました。

子どもたちもそれぞれ 東京の大学へ通っているし 就職も東京でしょう。

それなのに・・・・・・ 勝手に決めた兄の人間性を疑ってしまいました。

やっぱり 一筋縄でいかない一族でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

その日のまえに

重松清さんの本に「その日のまえに」というのがあります。

とても いい本です。 

私は古い慣習に縛られることなく 自分の最後はこうしてほしいと

いうのを決めています。

  ・お葬式は簡素に無宗教で 

  ・お墓はいらない、大好きな海へ散骨して欲しい。

我が家は娘一人です。 私たちのお墓やその他もろもろのことで

煩わすわけにはいきませんから・・・ 

理解してくれて 生きてる間によい関係を持つことができ、心から 祈ってくれる方が

一人でもいてくれたらそれで満足です。

ただ 主人はどうなんだろう????

一緒がいやだと思ったことはありません。 できれば 同じ海に沈みたいけど・・

彼がお墓欲しいといえば自分で準備してもらうしかないな!

私は 海がいい!!

こういう 自由人的発想が 金星人たるところでしょうか?

たぶん 細木和子が聞いたら「あんた 地獄へおちるわよ!!」

って言うだろうな あはは・・・

私の両親は その日のことを決めてくれています。

葬儀のことお寺のこと そして 一緒のお墓に入れてほしいと・・・

そのお墓を守るのは 長男である 私の弟です。

そもそも こういうことを考えるようになったきっかけは、

弟の嫁が突然亡くなって家族が途方にくれたからです。

もともと 病弱で大きな病もかかえていました。 

お互いを思いやる 仲の良い夫婦でした。 

ようやく念願の新居が完成し、お祝いをした矢先の不幸でした。 

心臓の発作で あっという間のできごと、 悲しむ時間すら与えられず 

せかされるように 儀式が進んでいきました。

そして 4年が過ぎて、 いまだ 心休まらない弟を見るのは辛いです。

盛大な葬儀も 立派なお墓や仏壇も むなしさの 残骸だそうです。

「たぶん 彼女はこんなこと望んでいなかったと思う、でも こういうのって

残された人のためにあるもんだと思うよ」と 弟は言います。

だから 私は 残される人のために ちゃんと伝えておこうと思いました。

そういうわけで、主人の両親の醜い揉め事を 耳にすると無性に

腹がたってしまって なかなか 達観できないのです。

みなさんは どうですか? 

楽しい・おもしろいブログを心がけていたのに

こんな くらーい ネタになってしまって 

”GOGO BIDDY”じゃないですね・・・ 反省

でも いろんな意見を聞いて 自分を見直すことも大切かなと思ってます。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

こじれた一族

連休の初日は ドッグランへいきましたが、 

体調不良の感は否めず・・ 読書とレンタルDVD三昧のお休みでした。

それに 主人は なにやら 怪しげな家族会議とやらに

千葉の兄とともに召集をかけられ 出かけてました。

主人の父は この数年のあいだに入退院を繰りかえしていて

(本人は癌だなんだと 大げさに騒ぐのですが・・)

ようやく 何かあったときのことを息子たちに伝える覚悟ができたのかと・・

主人の両親はもう長いこと不仲で、それぞれ好きかってに暮らしていました。

六男である父は 郷里をはなれ50年以上福岡で暮らしているのですが 

なぜか お墓は ふるさとの墓に入ると言ってます。

そういうものなのでしょうか? 不思議な気がします。

母は 自分の実家のお墓に入りたいといいます。。。 これも変だと

思うのですが。 そこまでこじれているのが 厄介です。

で 事あるごとに「お父さんより 先に死なないから、じゃないと

佐賀のお墓に入れられる・・」といいます。 

これを聞かされる嫁である姉や私は複雑です。

ちゃんと 自分で息子に言えば?って思うんだけど・・・

病気になった 父は 母より先に逝ってしまったら 

何をされるかわからないと不安に思ったのか息子たちに 

口頭遺言をしたらしいのです。

でも その決定事項については姉も私も一切知らされていません。

兄は姉に 「別に・・・また入院するんだって」と言っただけだそうです。

いったい何を隠してるのか? 不気味な予感をぬぐうことができません。

主人に「ちゃんと 大事な話できた?」とたずねたら

「うん どうやって伝えようか考えてた 帰ったらゆっくり話すから」

といって 仕事に行きました。 

週末帰ってきたらどんな 恐ろしい話を聞かされるのか 

不安な毎日です。 あー 普通の両親がいる家庭に嫁ぎたかった・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

Dog Run

今日は お天気もよく 私の体調もどうにか 回復したのと 

ビディのストレス解消に 主人と一緒に Dog Runに行ってきました。

若いカップルや 熟年夫婦(うちもかな?)が それぞれ ご自慢の

愛犬と一緒に楽しく過ごしていました。 

予想通り ビディは 犬見知りをするので 尻尾をまいて 私たちから

はなれませんでした・・・・

アジリティのコーナーでは  「どうせ できないよねー」なんていってたら 

ちゃんと 跳べました。 

Dogrun

おとうさん 無理っぽいよ! 無理だってばぁ!

あっ お母さんが呼んでる。

Dogrun2

今日の お友達犬

やさしい ワンちゃんでした。

Dsc03167

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

発熱・嘔吐の苦しみ

一昨日の夜から 嘔吐を繰り返し ほとんど寝ることもできず

翌日 どうにか 自力で車を運転して病院へ行きました。

なにやらウィルスをもらったらしく 点滴を受けて

薬をもらって 帰り そのまま またベッドへ倒れこみました。

吐き気はおさまったものの 熱は下がらず 朦朧としながら 

とにかく 水分のみ補給!  一人のときの病気は辛い! 

ビディが 心配して ずーとそばにいてくれました。 ありがと ビディ!

体の痛みやだるさを 整体院での マッサージのせいかとおもっていた

のですがどうやら この病気のせいだったみたいです。

ただ 先生がおっしゃるにはヘルニアがあるんだったら 

無理に揉むのはよくないと言われ 

肩こり用に シップと塗り薬も処方してもらいました。

で 整体院通いは ちょっと 控えようと思ってます。 

今日は ずいぶん楽になりましたが   明日からの連休は 

体を休めようと思います。

ひさびさの 発熱は こたえました。 あー しんど!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »