« やっぱり骨粗しょう症 | トップページ | アブラムシ大発生 »

2007年6月21日 (木)

妻の病と夫の気持・・・

職場で小耳にはさんだ 男の本音

「女房の具合が悪くて 家に帰りたくないなぁ・・・・」と言った彼は

9歳、4歳、3歳の3人の子持ちです。

早く帰ってあげよう、子供たちの食事の世話ぐらいしようと 考えるのが普通だと

思っていたので 呆れてしまいました。

帰っても 食事もできていないし 子供の世話もしないといけないと思ったら

帰宅拒否症状がでるのでしょうか? そもそも寝込んでいる奥さんへの愛情はないの?

と疑問が生じるのです。

主人にこの話をしたら 「そりゃ 普通 早く帰るでしょ」っと言った(おーまともじゃないか)

でも ふと思い出した 高熱で寝込んでいる私を置いて ゴルフにいったのは誰だったっけ?

まぁ 今となっては 時効成立ですけどね。

「あー 今日 旦那 具合悪くて寝てるのよね 家に帰りたくないわー」

なんて 妻の逆襲の日も近い!!かも

|

« やっぱり骨粗しょう症 | トップページ | アブラムシ大発生 »

コメント

まる子さんへ
たぶん 早く帰ってないです、どこかに寄り道したと思います。
ヒゲさんはとってもやさしいのでこんなことないから安心ですね。それから 帰国日きまってよかったね ご両親も首をながーーーーーくしてまってますね。 

投稿: ビディの母 | 2007年6月30日 (土) 15時58分

なんだかなぁーって思いました。
その人は結局早く帰ったのでしょうか。具合が悪いときこそ、 傍にいてくれるだけで 助かるんですけどね。食事だって 何か買って帰ればいいじゃないか!!と思いました。
うちはそのてん 気を使ってくれます。良かった。私達は誰に頼ることも出来ないので、旦那さんだけが 頼りです。

投稿: まる子 | 2007年6月28日 (木) 23時19分

台所のキフジンさんへ
素敵なご主人様でよかったですね。
大きな問題に直面したときに真実がわかるんですね。 

セルラーさんへ
出張のたびにお土産を持って帰ってくださるクマさんはちゃんとセルラーさんの事心配してかえってくるんですよね。 優しいご主人様に感謝です。


葛布織さんへ
自営といっても やはりお忙しいはずですよ。
ずいぶん手伝ってもらったって言えることがすごいです。 
そんな葛布織さんには この帰宅拒否症男は信じられないヤローですね。

投稿: ビディの母 | 2007年6月25日 (月) 20時04分

なんか呆れた話ですよね~
よその家の話でも腹が立ちますね!!
うちは自営でいつも家にいるから
ずいぶん手伝ってもらっていたかな?
年子が3人じゃ無理ないですよね(笑)
今思えば 殆ど病気らしい病気してないですね?私
順番に風邪を引いてもなぜかうつらなかったですよ
・・・は風邪ひかないっていうことですかね(笑)

投稿: 葛布織 | 2007年6月24日 (日) 15時35分

せめて奥さんの具合が悪い時くらいは協力して欲しいですよね。
ウチの夫はまたいでは行きませんが・・・。
仕事の都合がつくときは早めに帰って来てくれます。それって口実?

投稿: セルラー | 2007年6月24日 (日) 01時15分

ウチの・・ちゃきちゃんヮ・・どこへ行ってもほめられます・・『ダンナサン大事にしなさいよー・・』って・・疲れちゃときあるけど・・ヤッパリ・・今の私にとってなくてヮならない。。人です
男の人。。って病気になったばっかりに・・別れる
っていうコト・ヮあるけど・・途中で見捨てるって・・アンマリなインだって・・オンナヮ・・最初面倒看ても・・いやになったら・・捨てる・・って
看護婦サンが・・多いのよ・・って大事にしてね・・って云いながら・・そう云いました・・
『離婚』しないでよかったー!!
・・と云う私に対して『別れときゃ』よかったー!
って・ちゃきちゃんヮ云ってますけどー!!

投稿: 台所のキフジン | 2007年6月22日 (金) 22時04分

芸術を愛するブタさんへ
いやー そういうこともあるんですね・・
なにごとも ほどほどがよろしいようで、
静かに寝ていたらよくなりそうな時は たしかに出かけてくれてた方が回復が早いかも。
女の本音です。

投稿: ビディの母 | 2007年6月22日 (金) 20時48分

うーん。我が家の夫も、らぶたっくん家のご主人様と似たようなものでしたが…。
何かにつけて「妻の具合が…」と飲み会などを断って早く帰ってくるので、同僚の方に会うと必ず「奥様大丈夫ですか?」「ご無理なさらないでくださいね」とか、ちょっとしたことで、やたらと気遣われて、居心地悪かったです。
たまには飲み会に行って遅く帰って来てくれないかなぁ~なんて思ってました。
具合いが悪いのにずっといられても…気が休まらなかったし。
ほら、色々やってもらっても何だかね…。オムツ交換や入浴のさせ方方が乱暴で気が気でないとか、食器の洗い方が気になって後から洗い直ししたくなったりとか…って、もしかして、問題は私の方にあるのか!?

投稿: 芸術を愛するブタ | 2007年6月22日 (金) 14時47分

chiyomiさんへ
なにも覚えていないということは幸せなことですね。 きっとお父さんも心配してくれていたとおもいます。 健康がなによりです。

となりのとまとさん&あきのさんへ
私も同感です! いつまでも親に依存して自分たちのライフスタイルは独身時代とあまり代わらない人が増えてます。  親は親で息子が可哀想と過剰な援助をする・・・悪循環です。
とまとさんのご主人も 時効成立? 
霧山君に「誰にも言いませんよカード」出してもらわないといけませんね。 


らぶたっくんさんへ
そうそう お宅はご主人がほんといい夫でいい父ですよね。うらやましい!!!


 

投稿: ビディの母 | 2007年6月22日 (金) 12時19分

うちの旦那さんは、私より女性的なので、
たっくんや、私が具合が悪いと、
気が気ではないらしく、
「仕事休もうかなぁ。」
とまで言います。
それも、どうかと思いますが、
100歩譲って、
大人だけなら、ともかく、
子どものいるお父さんには、
早くおうちに帰ってあげてほしいですよね。

投稿: らぶたっくん | 2007年6月22日 (金) 09時47分

いや~っ、今日のコメントは「となりのとまと」さんとそっくりなので、「上に同じっ!」にして置きます。(>_<)

投稿: あきの | 2007年6月22日 (金) 06時57分

うーむ。結構いそうな気がします。この手も男。しかも、増殖しているような気がする。
結婚して子供がいても、大人じゃないんですよね。アホかと思います。子育ての時期に、若夫婦に任せず、ジジ、ババが手助けをし過ぎた夫婦に多いように思います。そんな例をたくさん見てきました。

で、うちの場合。
ぎっくり腰で寝込んでいる妻の頭をまたいで会社に行きました。前夜に階段を踏み外して足首を骨折した妻をおいて会社に行きました。左足だったので、自分で車を運転して整形外科へ行って、先生に驚かれました。一応、時効成立ですかね。霧山君にたのもうかな。

投稿: となりのとまと | 2007年6月21日 (木) 23時46分

お産のとき以外は入院した事もないし・・・いや待てよ・・・そういえば早産しそうになって入院し、その後絶対安静でその時息子はまだ1歳になってなかったっけ。
あの時お父さんはどうだったかなぁ・・?
当時社宅に住んでいて、お義母さんにきてもらっていました。
何も覚えていないのは無事だったと言う事でしょうか。
自分の為にも是非健康でいたいですね。
同僚の男性の方の言葉は本心でないと信じたいです。

投稿: chiyomi | 2007年6月21日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136039/15512423

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の病と夫の気持・・・:

« やっぱり骨粗しょう症 | トップページ | アブラムシ大発生 »