« 徒歩10分ちょっと | トップページ | 便利ツール »

2007年8月 2日 (木)

トオモロコシと母心

親戚のおばさんの家へ遊びにいった時に聞いた 息子を持つ母の本音。

車で10分ほどのアパートに息子家族がすんでいるので 果物や野菜お菓子などを

ちょこちょこと 持っていってるらしい、 かわいくてしょうがない孫たちのためだと思っていたら

実は そうではないようで・・・・ 

「こないだ トオモロコシを買って アパートに届けにいったけど

○○(息子)が一人で来た時に食べさせようと思って 1本は持って帰ってきた。 

全部置いてきたら子供たちにみんな食べられて ○○のくちに入らないかもしれないから・・・」

とニコニコ笑顔で語る。

トオモロコシ 1本を 48才の息子に 食べさせたい親心に 戸惑ってしまいました。

油断して ついこぼしたんだと 思うけど コレ お嫁さんが聞いたら いやだろうなぁ・・・

知らないところで こっそり ひとりで食べてるなんて ショックだわーー

そんなことするくらいなら アパートに届けるんじゃなくて

「おいしい トオモロコシあるから みんなで 食べにいらっしゃい!」

って 言ってくれたほうがいいなぁ

食べにきて欲しいのは 息子だけなんだ・・・って思うのは 勘ぐりすぎかな?

私は 息子がいないから わからないけど。

息子をもつ 母の気持って そんなもんなんでしょうか?

************************

長年使ってきた ナショナルのコードレスアイロンに見切りをつけ

購入しました! THE ACADEMIC、コードつき 強力スチームと 適度な重さ

ひとすべりで ピンと皺がのびます。

顔のしわも のびたらいいのになぁ・・・暑さにまけず アイロンがけ 楽しんでます。

Dsc03567

|

« 徒歩10分ちょっと | トップページ | 便利ツール »

コメント

葛布織さんへ
そうなんですねぇ・・・
とにかく可愛くてしかたないんですね。


とまとさんへ
複雑ですね、嫁も子供も苦労してるんだってば!!って思っちゃいます。

投稿: ビディの母 | 2007年8月 4日 (土) 16時44分

すごいなぁと感心したり、私もそうなるかなぁと思ったり。
結婚して、息子が嫁や子供のことで苦労していて可哀相と思う母親は結構いるみたいです。
京都へ帰ると、義母はやっぱりそんな感じです。若い頃は気になりましたが、最近はそんなもんかと思っています。先日も「あんた白髪が随分でてるんやねぇ・・・」とひとしきり息子の頭を撫でてましたよ。 ┐('~`;)┌ (不出来なキツイ嫁で苦労しているんやろか、ってところでしょうか)

投稿: となりのとまと | 2007年8月 4日 (土) 00時20分

息子を思う親心!
もう何年か前に亡くなったおばあちゃん
父は7~8人くらいの兄弟がいるのですが
おばあちゃんが 生前家にきて○○が好きだから
やってって甘いものをわざわざ買ってきてくれていたことを思い出しました(笑)
父は兄弟の中でも下から二番目で近くに住んでいる
おばあちゃんはどこかに出掛けると必ず父に甘いものを買って来ては届けてくれましたよ(笑)いくつになっても子どもは可愛いのだと娘時代の私は思っていました

投稿: 葛布織 | 2007年8月 3日 (金) 23時20分

chiyomiさんへ
週末に家族が揃って食事をするってとっても素敵なことですよね。
chioymiさんの気持が伝わるから 息子さん一家も楽しみにしてらっしゃるのでしょうね。
そして これからは お嬢さんの家族もご一緒ですね。
ちなみに この48歳の息子は時々お小遣いももらっているようです・・・・ 


セルラーさんへ
私も娘しかいないからわからないんですよね。
持って帰るほどの物ではないですよね。
トオモロコシ 1本ですよ。
このアイロン業務用みたいでしょ?
水の注ぎ口なんて 穴あいてるだけですよ (笑)
専用ケースもないし コードは巻き込み機能もない
いたってシンプル! お値段もシンプルでした。

投稿: ビディの母 | 2007年8月 2日 (木) 23時19分

息子を思う母心ってこんななのかしら?
娘しかいないのでわからいですが・・・。
何も持って帰ることはないと思いますがね。
アイロン購入ですね。
私のより本格的ですね(笑)
台風の影響はないですか?

投稿: セルラー | 2007年8月 2日 (木) 22時26分

chiyomiさんもおもしろいって思いましたよ。
正直なんやね。
我が家は毎週土曜日に、息子家族がやってきてそのあたりにあるものあらいざらい食べて帰ってしまいます。見てて気持ちが良くなるほどの食べっぷりです。「おいしい、おいしい」って言ってくれるのがうれしくてついついサービスしてしまいます。
不満は?…毎週忘れずに来てくれるけど、招待してくれたのはゆうきちゃんの初節句のお祝いのただ一度だけです。だから、chiyomiさんから何かを持っていったことは一度もありません。(^o^)
適度な重さのアイロン…アイロン選びの第一条件に思います。

投稿: chiyomi | 2007年8月 2日 (木) 21時16分

あきのさんへ
息子を愛するってすごいんです・・
こういう事ってありがちなんですね。

ほしいっぱいさんへ
いつまでたっても 子供はかわいいにちがいないね。 

投稿: ビディの母 | 2007年8月 2日 (木) 18時09分

たっくんが、48のおじさんになっても、かわいくて仕方がないのかなぁ。
そんな、40年後が楽しみです。

投稿: ほしいっぱい | 2007年8月 2日 (木) 14時35分

この話は、さもありなん…でしょうね。本心丸出しで、きれいごとでないところがおもしろいと、思いました。息子を愛するってすごいことですね。

投稿: あきの | 2007年8月 2日 (木) 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136039/15979124

この記事へのトラックバック一覧です: トオモロコシと母心:

« 徒歩10分ちょっと | トップページ | 便利ツール »