« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

最後の収穫?

この夏 ベランダで育てていたバジル 何度も摘み取り 美味しくいただきました。

フレッシュバジルで作るジェノベーゼソースは格別、瓶詰めで売っているのとは

比べ物にならない味と香りです。 Buono!

パスタはもちろん ジャガイモにもよくあうし 大活躍でした。 

行ったことないけど 本場イタリアの香りです。(o^-')b  

これが 今年最後の収穫だと思うと 淋しいなぁ

Dsc03675  

瓶に詰めて冷蔵庫にいれておけば保存もできますが、

Dsc03689

すぐ なくなるにちがいありません・・・  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ヘレンの帽子

娘に頼んでいた HELEN KAMINSKI の帽子が 昨日届きました!!

HELENの帽子は大好きでRAFFIA BLADE と COTTON  の二つ持って

いましたが今回は ”roll me, pack me and take me away”の 

Provence12が仲間入りです。

デパートなどで購入可能ですが たぶん 現地で買えばお安いのではない

かと、娘に頼んで探してもらいました。 

豪ドル高で思ったほどではありませんでしたが、それでも気持お安く買えた

ようです。輸入品のため 今後日本で購入する商品は 値上がりするだろう

なぁ・・・ ここの帽子 とてもクオリティが高く 何年もかぶっていますが丈夫で

型崩れもありません。Provence シリーズは くるくる巻いてバッグにしまえる

優れものでお出かけにぴったり!

まだまだ日差しも強く ビディとの散歩に活躍しそうです。

Dsc03678

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

おでかけ・・

今日は、久しぶりのお出かけ・・・美容室へ行き 痛んだ髪のトリートメントと癖をとるためのパーマ

(ストレートパーマや縮毛矯正とは違います)をやってもらって もたついていた髪がサラサラになりました

髪もすっきりし、 秋色に彩られたSHOPを 眺めていたら 素敵なブラウスを見つけてしまいました。

柄も色合いも私好み! ちょっとさがり気味のリボンとパフスリーブがかわいくて

しばらくはこのままでO・K 寒くなったら 黒のタートルニットに重ねてもよさそうなので即決でした。 

それにしても ちょっと 可愛すぎたかなぁ・・・

Dsc03669_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

回復しました・・・

目薬の準備を始めると カンが働くのか コソコソ逃げる体制です。

せまい家の中 隠れる場所もないし 取り押さえられて目薬を

ぽちょんと一滴・・・ 

おまけに 外耳炎のお薬も耳へ流し込まれ 受難の日々。

おかげで回復いたしました。  

ビディの病気さわぎや 連日の猛暑でやる気が・・・・・ (言い訳です) 

夏のあいだ ほったらかしにしていた髪もそろそろ限界なので

土曜日に美容室へ行く事にしました。 

夏って ほんとに すぐ汗かくし 紫外線対策で帽子をかぶるから 

髪はどうでもいい状態なんですよね・・・ (´ー`*) ほんと 夏は苦手!!

Image006

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

弱いなぁ・・

ビディの目が充血して 目やにもでているので 動物病院へ行きました。

さすが獣医さんはマルチです。・・・ あれこれ検査器具が登場して

眼圧測定 涙量検査 目やにの分析 ビディはがんじがらめに抑えられ

検査のフルコースでした。

緑内障などの怖いものではないようで一安心、アレルギー性の結膜炎だろう?

点眼薬で様子をみて 回復が遅ければ 投薬も・・・ということでした。

耳も外耳炎を繰り返すので それも一緒に診てもらいました。

アレルギーがあるのかもしれないので、本格的な検査をしたほうがよさそうです。

フルコース検査のお値段も 覚悟してましたが やはりフルコースでした・・・・・・・

早く よくなってねーーーーーー

Eye

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

怒りの表現

昨日の子育てサークルでの一場面

人気の お仕事があって それを楽しみにしている子が多く

始まる前から ”コレやる”宣言をして待っている。

そういう時は ちゃんと順番を決めて 取り合いにならないようにしているのだけど

ちょっと 到着がおくれた 男の子(2歳)  順番がきまっているなどと

つゆ知らず わくわく どきどき辛抱しながら待っていた。

さー ○○ちゃんがおわって 僕の番だとおもったら 実は△△ちゃんだった・・・・

あー ショック これは 耐えられない・・・・・ どうやって怒りをおさめるか

お母さんに説明されても 納得がいかない彼は 「馬鹿」を連発 

これが おもしろいのです。(不謹慎ですが 笑えます)

彼の口からでる ”バカ”という たった一つの言葉が 表現力にあふれている

ばぁーーーか 」 「バカ!!」 「バカーーーーーッ」 

怒りをどうやってぶつけたらいいのか・・必死(半泣き状態)で連呼する。

ただ 感心したのは 暴力という手段を使わない 

無理やりとり上げない ただただ怒りを 言葉で表現している。

これから語彙が増えていくと自分の気持をうまく表現できるようになるんだろうなぁ

横でバカを連呼されている△△ちゃん(2歳)が平然としているのも笑えるのです。

彼女も もう少し大きくなると「バカって言われたー」と悲しむようになるでしょう。

子供に悪い言葉を使わせたくないと思うけど 

この世にあふれる汚い言葉は大人が作り、使っているのだから・・

意味を知り経験のなかで 使うか使わないかを 自分で学んでいくしかないですよね。

ちなみに 国語辞典で馬鹿をひいてみたら

相手をののしったり、制止したりする時に発する言葉 と書いてある。

2歳ですでに 言葉の意味を理解していたのかは疑問ですが 

順番がまわってきて 楽しむ事ができた彼は 満足げな表情でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »