« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

やっと HDD

ようやく HDDレコーダーを買いました。

最近の家電は 購入のタイミングがくるえばとっても損した気分になるし・・・

ブルーレイだなんだと いいながら延び延びにしていたけど 

このままではいつまで待っても買えないのでは???と 決断したのです。

とりあえず NHKのBShiの番組が見れて録画できて 上出来です。

DVDに保存もできるので よさそうだと思った番組はどんどん録画する作戦です。

ただ 見る時間があるかは 疑問です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

アルツハイマーだった

NHKスペシャルを見て予備知識を得た主人が両親を認知症の

専門病院へ検査に連れて行きました。

はじめは拒否していた義母も主人が「じゃあ勝手にすれば もう知らん」

と突っぱねたら 弱気になって承諾したらしい!!

脳のCTスキャンに問診 長谷川式認知症診断 院長先生による問診

と丁寧に検査してくださったみたい 

結果は予想通り 義父はアルツハイマーの初期 義母もMCI軽度認知症でした。

ショックを与えてはいけないのか本人たちにはワンランク下だと告げたそうです。

だから 義母はたぶん自分は大丈夫と信じ込んでいるでしょう。

義父のほうは素直に受け入れたみたいでした。

アリセプトという薬を飲み、進行を遅らせる治療とともに

日記をつけること 新聞の記事をスクラップする事 音読することを 

毎日欠かさずやりましょう。といわれたようです。

現実を知ってしまったからか 突然 二人してケアハウスへの入居を考えはじめ

病院をでて 見学へ行き そのまま 入居の申込書を書いたようです。

すでに4人が待機中で 入居がいつになるかは未定なので

それまでに 症状が進行しませんように と祈るばかりです。

今年のブログは こんなネタが続くのかと思うとちょっと悲しくなってきました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

のんきすぎ

NHKスペシャルで 認知症医療の番組が放送された。

タイムリーだったので 見ようかと主人に声をかけたら

「いやだ エイリアンVS プレデターがいい!」 とおバカな返事が返ってきた。

「そうやって やなことに目を瞑って逃避してると ほんとに大変なことになるよ」

と言って (そのうち ジジババが エイリアンとプレデターがタッグを組んだよう

になって襲ってくるよ そのときは しーらない!って思いながら) 

ほっておいたら「やっぱり 一緒に見ようか・・・」だって ほんと 弱いですよね!

認知症は早期発見早期治療がとても有効であることと

日本の医療現場での問題点など 知らずにいることがどれほど怖いことか

よーくわかりました。 

義父だけを連れて行く予定でしたが 義母も一緒に検査してもらったほうがいいと

おバカな主人は改心したようです。  NHKスペシャルよ ありがとう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

内憂外患

年末年始と いろんなことがありすぎて、1月も半ばとなりました。

これからは 自分たち夫婦の時間を楽しもうとおもっていたら

どうも 妖しい雲行き・・・ 

義父がボケ始めているようで なんだか次男である我家にその厄介

ごとがふりかかってきそうな気配です。

親類縁者というのはかってなもので 主人の両親と私たち家族がどのような

かかわりをしてきたのかもしらず 好き放題の事を言うのです。

「マンションを貸して 同居しろ」などと・・ そんなこと絶対できない!!

今年から うちの主人は大殺界で やだねぇーなんて話していたら

さっそくやってきた 難題です。

穏やかな一年を過ごそうと思っていたのに乗りきれるか心配になってきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »