« 危険回避 | トップページ | 幸せ論 »

2008年3月30日 (日)

ツボにはまった一冊

エッセイコーナーで タイトルが 目に飛び込んできた一冊 「ねにもつタイプ」 

むふふ・・・私っぽいなぁ 岸本佐知子 と書いてある 予備知識なく読み始める

おかしくてたまらない 同じ臭いを感じる 妄想かなりはいってます、いっちゃって

ます。この人大丈夫?と思いながらも 自分の中にある同じ血が騒ぐ そうそう

そうなの 私もそう思っていたのよ!と大声で叫びたくなる、お腹がよじれるほど

笑ってしまう、思い出しては くくく・・・と笑いをカミシメル。  

奥付を見た 1960年生まれ 翻訳家とあるふーん すごい人だ 

どの作品も 一癖ありそうだぞ  さて どれから 読もうかな?

久々に ど真ん中にHITした 本だった。

「疑惑の髪型」より一部抜粋

だいいち、あの「月代」という名称からして怪しい。どこをどうやったらあれを

「さかやき」と読めるのか。「自転車」と書いて「みかん」と読ませのと同じ

くらいの違和感だ。・・・・・このままでは一日中「ちょんまげ」のことが頭から

離れなくなり、日常生活にも支障をきたすようになるのは目に見えている。・・・・ 

|

« 危険回避 | トップページ | 幸せ論 »

コメント

芸術を愛するブタさんへ
読書家のブタさんはいろいろ読んでらっしゃいますね。 笑いを追及してますよー、それって日常生活に笑いがないことを意味してますsweat02
時々自分の精神状態を疑ってしまう事があります。crying

投稿: ビディの母 | 2008年4月 2日 (水) 21時16分

面白そうですねー。カスタマーレビューの評価も高いし、文庫になったらぜひ購入して読みます!
引越しして以来、本箱がパンク状態。単行本は、いつも我慢我慢bearingです。
しかし、母さん。最近、とことん笑いを追及してますなーsmile

投稿: 芸術を愛するブタ  | 2008年4月 1日 (火) 20時48分

とまとさんへ
ぐふふふ・・・自毛をわざわざ剃って、まわりの毛は長髪 おまけにそれを結って固めて棒状にして 貼り付けるって不思議すぎますよね。 

セルラーさんへ
面白すぎました、わざわざ読んでくださいとはいえません・・・でも 笑えますよ。

投稿: ビディの母 | 2008年4月 1日 (火) 15時16分

面白い本ですね。
色々面白い事が書かれていそうですね。

投稿: セルラー | 2008年3月31日 (月) 15時57分

模様替えしたんですね。
可愛くなりました。

なかなかおもしろそうな本みたい。
チェックbookpencilしておきます。
「月代」 確かにそう思う。そんな不思議に共感したいわ。
生えている髪の毛をわざわざ剃るってsign01
現代の髪の不自由な男の人から見たら 信じられないでしょうネ。

投稿: となりのとまと | 2008年3月31日 (月) 00時00分

あきのさんへ 
かなり笑ってしまいました、共感できる部分が多いのは多分同世代だからです。 清朝の辮髪も不思議な髪型ですが ちょん髷もかなり不思議です。 

投稿: ビディの母 | 2008年3月30日 (日) 18時24分

これは、またとっぴな発想をする人ですね。月代のことです。でも新鮮でもあります。

投稿: あきの | 2008年3月30日 (日) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136039/40687195

この記事へのトラックバック一覧です: ツボにはまった一冊:

« 危険回避 | トップページ | 幸せ論 »