« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月 8日 (火)

あやかりたい・・

今日は潅仏会(花祭り) そうです お釈迦様のお誕生日です。

そして 私のおたんじょうびでもあります。birthday

今年も 一人です・・・・・・・もうすっかり慣れっこです。

一人ですごすとろくな事は思いつきません。 そういえば・・と思い出すのが

幼い頃から自分の名前が嫌いだった・・・今でも好きじゃないけど 

「こんな名前誰が考えたのか」と母に詰め寄った時に聞かされた驚愕の事実

己の命名にまつわる忌まわしい出来事。

46年前 おぎゃあと生まれた 幼子の名前をつけるにあたり

祖母(僧侶の娘) 叔母、その亭主(寺の住職)がよってたかって考えた

名前が ”釈迦子” なんとまぁ 安直な・・・・・ というか はなからどうでも

よかったはずで 意地悪姑と小姑の陰険な嫁イジメであったのだろう。

結局 母がつけてくれた平凡な名前が戸籍にのることとなりました。

いっそ ゴウタマ・シッダー子だったら 悟りを開けたかもしれないなぁ

なんて くだらないことを考えたりする私のこの一年の目標は”心の健康”です。 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

ツボ第2弾

岸本佐知子著 「気になる部分」を読んだ 笑った そして悟った。

妄想と自虐ネタ満載 

類は友を呼ぶ当時仲のいい友人もみな似たようなもので・・・・

このメンバーは家庭科の成績もひどかった 実技もひどかったが

筆記はもっとひどく茶碗蒸しの作り方に関する穴埋め問題で

「・・・このとき、醤油をいれすぎると(   )が悪くなってしまいます。」の

(   )内に”気持”と書いて失脚した者もいた。正解は”色”である。

言っておくが女子校だ。

今でこそ えらそうに主婦面をしているが 私の回答も

似たり寄ったりだったにちがいない・・・

調理実習の時 爪が痛むと言って泡だて器で米を研いだ私は

最後の味見係しかやらせてもらえなかった。   

岸本さんに惹かれる理由がそこにあったのだ。 

彼女が翻訳した作品「拳闘士の休息」トム・ジョーンズ著 ページをめくる前に

睡魔が襲ってくる。 図書館への返却がせまっているというのに

このまま 撃沈down となるであろう。

こんな 私は明日 46歳になる・・・・・・・ 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

幸せ論

子育てサークルのママたちと公園へお弁当をもってお花見に行きました。

子供たちとキャッチボールしたり 楽しい一日でした、幼い子供を2人・3人を連れて

お弁当の準備をし、安全に遊ばせる事はほんとに大変です。

毎日子供と過ごせる事が幸せheart02 夜寝る時に子供が「今日も一日楽しかった」

といい眠りにつくことに 幸せを感じると語る母の顔は幸せそのものです。

私は日々 不安を感じ 笑顔でいることを忘れていました。

そういう気持を払拭しようと笑いを求めたり・・・無理は続きませんね。

「私は幸せだ」と思えるようになるにはどうしたらいいのか?と悩むと

自分で毎日そう言ってたらいいのよって・・・・・・・・・・

自己暗示をかけて 幸せオーラを放つことにしようclover 

そうすれば なにかがかわるかもしれない。 

Image017

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »