« 待ち遠しい・・・・ | トップページ | すばらしい乳白色モドキ »

2009年3月29日 (日)

行ってまいりました。

Dsc00175

娘と二人楽しみにしていた藤田嗣治展を堪能してまいりました。

開館と同時に美術館に着くように家をでたので作品をゆっくり見る事ができました。よかったです、なにがどうとかそんな難しいことは説明できません、本物を見る事ができてよかった。

Dsc00186

|

« 待ち遠しい・・・・ | トップページ | すばらしい乳白色モドキ »

コメント

あきのさんへ
そうなんですよねーー姜尚中氏になりますよね。ますます楽しみです。あの声を聞いてるとほんとに癒されますし、説得力ありますよね。 麻生総理の声もこうだったらよかったのに・・・

投稿: ビディの母 | 2009年4月 3日 (金) 13時41分

フランスで長く活躍した人ですね。あの独特の肌の白色を工夫した絵を見ることができましたか。新日曜美術館の司会が姜尚中氏になりました。たのしみです。

投稿: あきの | 2009年4月 1日 (水) 22時02分

そうですね、おかっぱが妙に似合ってたり、フランス人女性に”ゆき”なんて名前つけたり・・・日本国籍を捨てたってとこも。 すばらしき乳白色と云われておりますが灰色?ですよね・・でもあの不健康そうな色合いが結構好きだったりします。うちにもフジタに匹敵するような顔色の悪い作品がございます ぷぷぷ・・・5歳の娘が書いた母の肖像ですがこれがほんとに色がそっくりなんです。
「頭・・くま・・」読んでくださったんですね、楽しんでいただけてよかった。

投稿: ビディの母 | 2009年4月 1日 (水) 10時01分

レオナール・フジタ氏。
作品云々より、本人の生きてきた過程が面白かったです。
ちょっと、坂本龍一っぽい見かけとか。当時からは考えられない飛んでる方ですよね(拍手!)
クソ重たい図録ではございましたが、キレイでしたねー(特に裏表紙が…coldsweats01。白一面に作家名が刻印?してあって…)

『頭のうちどころが悪かった熊の話』
傑作でした(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: 芸術を愛するブタ | 2009年4月 1日 (水) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待ち遠しい・・・・ | トップページ | すばらしい乳白色モドキ »