« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

お笑い担当

フレンチブルのしわちゃんと暮らすようになって5ヶ月、 犬との生活約20年の私達ですが キャバリアとの違いに日々驚くことばかり
びっくりその1
ほとんど鳴かない 不思議な声で散歩を催促する。
びっくりその2
垂直に近いジャンプ 足腰が心配
びっくりその3
カミカミPowerの凄さ 破壊されたものがいろいろ
びっくりその4
おならの臭さ 尋常ではない・・・
何をしてもとにかく愛嬌があって可愛い、臭いおならも何故か許せる。 我が家のお笑い担当です。
FD9A3B70-F829-4974-B48D-06321B81C43F
台所にいる私を見つめる姿はたまりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

小石原焼きをもとめて

もうずいぶんたってしまったけど、今泉にあるSHOPにおいてあった 小石原焼きのお皿たち。
里の母が使っていた小石原焼きはずっしりと重かったのですが、今はずいぶん薄くなって普段使いに重宝しそうなデザインも増えているようです。 ちょうど欲しい寸法のお皿がなくて残念がっていたら、窯元さんを紹介してくださいました。 
せっかくだし、行ってみようってことになり主人に運転をまかせて行ってきました。 翁明窯元
同じ福岡でも小石原(東峰村)はほんとに田舎で着いてびっくり 雪がこんなに残っていました。

Dsc03066

二代目さんは東京芸術大学で学ばれたとても感じのよい方で、作品に優しさと若い感性が表れていていました。

Dsc03058

奥様はとてもかわいらしい方で、素敵なディスプレイは彼女のセンスが活かされているのかな?
同じデザインでも一枚一枚焼き上がりに違いがあって、それがまた魅力なんですよね、じっくり選んで日常使いのお皿2種類 計6枚を購入  お気に入りの器だとお料理がおいしそうに見えるし盛りつけが楽しくなります。 また ぜひ 行きたい場所が増えました。 

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

ゴッホ展 

日曜日 朝から 九州国立博物館へ出かけてきました。
お目当ては ゴッホ展です。 小雪舞う悪天候のなか太宰府まで、駐車場はすでに2時間待ち
しまった・・・ もっと早く出るべきだった。 それでも近隣の空き地を利用した臨時駐車場に止める事ができ、館内へ。 予想通りの人 人 人 でうんざり 
見たいと思っていた作品が残念ながらきていませんでしたが、九州で、彼の作品を直に見る事ができたのは良い巡り会いでした。 ほんとは「タンギー爺さん」とか「星月夜 糸杉と村」「夜のカフェテラス」とか 見たかったんですけどね。
没後120年 生きてる間には認められることのなかったのに 今はこんなにも多くの人に感動を与えていますよ
よかったね フィンセントさん! 

110131_222447

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »